コンサルフィーの意味

コンサルフィーの意味 - コンサルフィーのまとめ

コンサルフィーのまとめ > コンサルフィーの意味

コンサルフィーの意味

ビジネスシーンではコンサルタントと一緒に経営を進めて行く、あるいはプロジェクトを立ち上げ推進していくケースが多々ありますが、その中で「コンサルフィー」というワードを目にすることがあります。
普段コンサルタントと関わりのない人にとっては耳慣れないワードかもしれませんが、コンサルフィーとは簡単に言うとコンサルタントへ支払う報酬という意味で、コンサルフィーがひとつの決め手になることもあります。

コンサルフィーはコンサルタントとの契約形態やランクによって大きく異なる場合があり、必ずしも常に一定というわけではありません。
企業でも昇進していくと給料が高くなっていきますし、営業実績が高い社員はインセンティブとして高い給料をもらうことがあります。
それと同じでコンサルタントも高い実績を持っていたり、評判の良い人はそれなりに高いコンサルフィーが発生するケースがありますから、コンサルタントを探すときには必ずしもコンサルフィーだけを見て探すのは適当ではありません。

コンサルタントへ依頼するもっとも大きな理由は企業そのものの改善や発展ですから、安いコンサルフィーでクオリティの低いコンサルタントと雇うよりも高いコストでもしっかり成果を残してくれるコンサルタントのほうが安心でしょう。
ですからコンサルタントを探すときにはまず情報収集をしっかり行うと同時に、必ず直接会って話をしてみることが重要なのです。
直接話をすることで評判通りの人物なのか、また性格の相性などもわかりますので、直接会って話すということはとても大事になります。