コンサルタントの報酬と相場

コンサルタントの報酬と相場 - コンサルフィーのまとめ

コンサルフィーのまとめ > コンサルタントの報酬と相場

コンサルタントの報酬と相場

コンサルタントへコンサルティングを依頼するときは報酬の相場を調べてからが良いと言われています。
コンサルタントへの報酬はコンサルフィーとも呼ばれ、相場はどのような形で契約を結ぶかによっても変わってきますので少し判断が難しい場合もあります。

たとえば長期的にコンサルティングを依頼したい場合はコンサルタントと顧問契約する形になると思いますが、顧問契約するときの相場はだいたい1か月あたり20万円~50万円程度だと言われていて、社員の人件費1人~2人分程度で補えます。
顧問契約をするメリットとしてはすぐに相談できること、信頼できるコンサルタントなので細かいことまで相談しやすいことがあげられます。
コンサルタントと顧問契約している企業は意外と多く、社内で立ち上げたプロジェクトの問題点を必ずコンサルタントに指摘してもらうというところもありますし、今後の経営についての協議に参加してもらうこともめずらしくありません。

ただ、いくらコンサルタントが役立つからと言ってもはじめからコンサルタントと顧問契約するのは少しリスクが高いと感じるでしょうし、信頼できるコンサルタントに任せたいと思うのは当然ですから、まずは短期的な契約からはじめるという手段もあります。
短期的な契約方法としてチャージレート型報酬という方法があり、これは1時間あたり・1日あたりという計算方法で報酬を支払います。
短期契約になると長期契約よりも報酬の相場は高くなってしまいますので、その点は覚えておきましょう。

また、相談だけなら無料でできるので信頼できると判断したならはじめから顧問契約でももちろん構いません。