コンサルフィー

コンサルフィー - コンサルフィーのまとめ

コンサルフィー

ビジネスシーンでは日々新しい発見をしていかなければ生き残っていけませんし、ネットワークが充実している昨今では常に生産性の高い企業でなければあっという間に淘汰されてしまいます。
1980年代~90年代にかけてのバブル期にはたくさんの企業が大幅に成長を遂げ、日本経済最高の時期を迎えましたが、その一方で先を見た経営をしてこなかったところは現在生き残っていません。
大企業と言われたところでも経営状況が苦しくなり、倒産するところも少なくありませんし、インターネットが普及している今ではマーケットの主戦場は地域ではなく世界になっています。

そのような大きな規模で展開していくときに必要になってくるのがコンサルティングで、これは基本的に企業内で行うケースと外部に委託して行うケースの2種類があります。
内部で行うコンサルティングは主に決められたプランを随行するために必要なことで、言わばコンサルティングされたものをより良い形にしていくことです。
外部へ委託して行うコンサルティングはゼロから作り上げていくために企画・提案をしてもらうことで、こちらが一般的によく知られているコンサルティングになります。

コンサルティングについて語るときに「コンサルフィー」というワードが必ず出てきますが、コンサルフィーとはコンサルタントに支払う報酬のことで、これは外部に委託する場合意識しておかなければならない部分です。
コンサルフィーに対してコンサルティングの内容が見合ったものか、また成功型報酬なのかそうでないのかなど確認してから依頼しましょう。